住信SBIネット銀行Mr.カードローン審査と口コミについて徹底解説!

ミスターカードローン口コミ

テレビCMで何かと話題の住信SBIネット銀行Mr.カードローンの口コミなどを見ていきましょう。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの口コミ

604404s元々住信SBIネット銀行の口座を持っていたことが利用のきっかけです。もしもの時のためにカードローンを利用できる状態にしておきたいなと思って申し込みをしました。残念ながらプレミアムコースには通過せずにスタンダードコースとなりましたが、それでも消費者金融のカードローンに比べると金利は低く、返済や借入もネットでできるため重宝しています。うちはおこずかいせいで使えるお金が少なく、飲み会など断らなければならないことが多かったのですが、ミスターカードローンを利用し始めてからは飲み会を断る必要がなくなったのはうれしい点です。ただ、飲み会が増えたので妻から怒られる回数も増えましたが…
598883sインターネットの比較サイトを見て、金利が低いのですぐに申し込みました。でも、それはプレミアムコースの金利だったみたいで、私はプレミアムコースではなくスタンダードコースのりようだったので上限金利で借りることになりました。もっとちゃんと借りる前にいろいろ見ておけばよかったなと思うのですが、それでもアコムみたいな消費者金融よりは金利が低かったのでまっいいかとも思っています。でも、利用できるまでに1週間ぐらいかかったので、早く借りたい人は消費者金融の方が良いのかも知れません。

 

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの金利

住信SBIネット銀行ミスターカードローンには「スタンダードコース」と「プレミアムコース」の2種類の返済方法があり、それぞれ借入上限金額に応じて以下のような金利が適用されます。

スタンダードコース金利

利用限度額
金利(実質年率)
所定の条件を満たす
方の適用金利
10万円以上~100万円以下
14.79
14.19%~14.69
100万円超~200万円以下
11.99
11.39%~11.89
200万円超~300万円以下
8.99
8.39%~8.89

プレミアムコース金利

利用限度額
金利(実質年率)
所定の条件を満たす
方の適用金利
10万円以上~100万円以下
7.99
7.39%~7.89
100万円超~200万円以下
6.39%~6.99
5.79%~6.89
200万円超~300万円以下
5.29%~5.99
4.69%~5.89
300万円超~500万円以下
4.99
4.39 %~4.89
500万円超~700万円以下
3.99
3.39 %~3.89
700万円超~900万円以下
2.99
2.39 %~2.89
900万円超~1,000万円以下
2.49
1.89 %~2.39
1,000万円超~1,100万円以下
2.39
1.79 %~2.29
1,100万円超~1,200万円以下
1.59
0.99 %~1.49

 

住信SBIネット銀行ミスターカードローンにおいては以下の要件を満たす場合に限り優遇金利が得られます。

住信SBI金利引き下げ条件

プレミアムコースの審査はかなり厳しいため、ほとんどの申し込み者の方が「スタンダードコース」の利用になると思われます。

ネット銀行カードローン金利一覧

サービス名 利用限度額 金利(実質年率)
住信SBIネット銀行Mrカードローン 1.59%~14.79% 最大1000万円
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8% 最大800万円
ジャパンネット銀行カードローン 2.5%~18.0% 最大1000万円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 最大800万円
セブン銀行カードローン 15% 最大50万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 最大800万円
じぶん銀行カードローン 2.1%~17.4% 最大800万円

 

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの返済

ミスターカードローンの毎月の約定返済は住信SBIネット銀行の円普通預金における自動引き落としのみとなっており、毎月5日に前月末時点の貸越残高に応じて以下の額を返済するようになります。

*5日が土日祝日銀行休業日だった場合よく営業日に引き落としとなります。

前月末時点の貸越残高
返済額
2,000円以下の場合
前月末時点の貸越残高
2,000円超10万円以下
2,000円
10万円超20万円以下
4,000円
20万円超40万円以下
6,000円
40万円超60万円以下
8,000円
60万円超80万円以下
11,000円
80万円超100万円以下
15,000円
100万円超150万円以下
20,000円
150万円超300万円以下
25,000円
300万円超400万円以下
30,000円
400万円超500万円以下
40,000円
500万円超600万円以下
50,000円
600万円超700万円以下
60,000円
700万円超800万円以下
70,000円
800万円超900万円以下
75,000円
900万円超
80,000円

また、毎月の約定返済以外にも「随時返済」が可能になっており、金額指定返済と全額返済から支払い方法を選ぶことができます。

 

2016y11m24d_200102375

2016y11m24d_200139446

 

住信SBIネット銀行ミスターカードローン審査

ミスターカードローンの審査は

① 必要事項を記入しての申し込み

② 仮審査

③ 必要書類の提出

④ 本審査

という流れになります。

審査時間に関しては、住信SBIネット銀行の口座を持っているかどうかで大きく変わり、持っていない場合は融資まで2週間前後かかる場合もあります。

仮審査後に必要となる書類は収入証明書となり、借入上限額300万円未満は不要となっています。

 

収入証明書として認められる書類

給与所得者の場合

  • 1. 源泉徴収票
  • 2. 市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等)
  • 3. 確定申告書
    [税務署への持参又は郵送により提出した場合]税務署の受付印のあるもの
    [e-Tax(電子申告)を利用して提出した場合]申告書の写しおよび受信通知
  • 4. 給与明細直近1ヵ月分(勤続年数が1年未満で1~3が取得できないとき)

個人事業主および法人代表者の場合

  • 1. 市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等)ただし納税証明書のときはその1、その2、その3すべてとする。
  • 2. 確定申告書(付表付)
    [税務署への持参又は郵送により提出した場合]税務署の受付印のあるもの
    [e-Tax(電子申告)を利用して提出した場合]申告書の写しおよび受信通知

必要書類は郵送はもちろんWebサイトからのアップロードも可能で、審査時間を短縮したい場合はWebによる提出をするのがよいでしょう。

なお、ミスターカードローンの審査は住信SBIネット銀行が行う訳ではなく、保証会社である住信SBIネット銀カード株式会社もしくはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が行います。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社という名前に聞き覚えのない方もいらっしゃるかと思いますが、2012年にプロミスが社名変更をした会社で、現在はプロミスはブランドとして残している形となっています。

住信SBIネット銀行ミスターカードローン在籍確認

カードローンの審査と切っても切れない関係にあるのが在籍確認であると言えます。

ミスターカードローンの在籍確認は一般的に銀行カードローンが採用する銀行名を名乗る方法ではなく、在籍確認担当者名での電話連絡を行います。その際使用するのは住信SBIネット銀行の固定電話となっており、事前に要望を伝えれば個人名ではなく住信SBIネット銀行の会社名にて行うことも可能となっています。

在籍確認が行われるのは仮審査通過後の本審査時となっています。

ミスターカードローンの申し込みにおいて在籍確認のための電話連絡は必須で、それが嫌な方は電話連絡なし郵送物なしのカードローンであるモビットのWeb完結申込を利用するのが良いでしょう。

⇒モビットに申し込む

 

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの借入方法

ミスターカードローンの借入方法は

・WEBサイトからの借入

・モバイルサイトからの借入

・ATM利用での借入

の3種類が存在しています。

モバイルサイト、WEBサイトともにログイン後専用の借入ページにて手続きを行うことで円普通預金口座への振り込みが完了します。

ATMでの借入は以下の利用可能ATMにて「借り入れ」を選択することで借入が可能となります。利用の際にはキャッシュカードが必要となります。

住信SBI提携ATM

ATMの利用時間はメンテナンス時間などを除いて365日24時間無料となっており、利用手数料は最大15回まで無料となっています。

2016y11m24d_211958529

 

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは即日融資可能?

ミスターカードローンは即時融資も可能であるカードローンとなっています。

そのための最低条件としては以下のようなものになります。

・住信SBIネット銀行円普通預金口座を持っていること

・在籍確認が行える時間帯に申し込みをすること

これらの条件を満たしていても即日融資されるとは限りませんが、審査の状況や時間帯によっては即日融資を受けられるチャンスは十分にあります。

ただ、ミスターカードローンは基本的に審査や手続きに時間がかかるサービスと言え、急いでいる場合にはあまり向いているカードローンとは言い難いものがあります。

どうしても即日融資を受けたい場合はできるだけ平日の午前中に申し込むか、即日融資も可能なカードローンに申し込むのが良いでしょう。